鳥獣戯画 展示ミスだよぉ~。

鳥獣戯画の特別展のチケットをいただき、東京国立博物館に行きました。
鳥獣戯画は描かれてから800年経過し、江戸時代に一度修復したきりだったようです。今回修復に4年かかり公開に至ったものです。
 誰でも一度は目にしたことがあるだろう有名な国宝の屏風画。
小学校の教科書にあったかもしれませんし、CMや文具のキャラクターなどにも取り上げられたことがあるので、馴染みのあるものでした。
 動物が人間の動きをする表情をマンガで描かれております。
かわいらしい感じで観ていると想像が膨らみます。だから現代でも取り上げられる絵なのでしょう。
 展覧会というものは、空いている予想時間帯があるので、見計らって行ったものの大変な混雑。
結果から申しますと、「本物」は観ずに「摸写」を観て帰宅です。
一時は入場に80分、本物までたどり着くのに160分。
絶対に展示方法のミス!がっかりした次第です。異常すぎます。
仕方なくWebサイトで楽しみましたけどね(*^^)v

http://www.chojugiga2015.jp/emaki/index.html