近江屋のどーなつ

人気の食べ物の紹介や特集は良く組まれている。
遠ければ取り寄せたり、近場ならわざわざ行く人もいるだろう。
美味しいものなら売れるのは当たりえだが、まずくても売れる場合もある。
話題性があれば売れたり、店内飲食可能であれば、席代のかわりで一食としたり、昔の懐かしい味だから食べたくなった。
テイクアウトで軽いおやつにはちょうど良い。
お土産としても手軽だからなどいろいろ理由はあるだろう。
通常は人気の商品や、話題のお店があっても特に気にしないが、無理にでも買いに行きたいドーナツにめぐり合った。
身近過ぎて特別おいしという感じを受けたことがなかったドーナツ。
だが、近江屋のどーなつは香りがとてもよく、食べる前から何度も香りを楽しみ、それだけで満たされた。一口にいたるまでなんとも時間がかかった。大げさだが、食べる前からこんなに香りに酔う食べ物があるのだろうかというほどに。フィナンシェに近いもので、全くケーキと引けを取らない。
近江屋のどーなつは、ぜひともおすすめしたいものである

袋だけ(^O^)/
袋だけ(^O^)/

 

どーなつの写真が良かったが、食べちゃった後だから・・・。